ドライビングテクニック

ダブルクラッチとヒールアンドト-の違いとやり方の解説。

投稿日:2017年2月8日 更新日:

こんにちは大塚です。

皆さんは運転中にどんなクラッチのつなぎ方をしていますか?

今の時代クラッチがない車が多いのでクラッチを知らない方も増えていますね…

ですがスポーツカー好きならMT派がまだまだ多いと思います。

今の方は殆どがヒールアンドトーをやっていますが、昔から走っている人は基本ダブルクラッチを使っています。

ダブルクラッチとヒールアンドトーとはどういう物かを真づご説明します。

スポンサーリンク

ヒールアンドトーのやり方。

ヒールアンドトーは、シフトダウンしてギアを下げる時に一度クラッチを踏んでギアの回転を上げる(アクセルを吹かして回転数を上げる)事によってギヤを傷めずにシフトダウンさせることが出来、尚且つシフトダウン後もギヤにかかる負担が少ない事から、車の挙動が安定するのでスポーツ走行には欠かせない技術です。

簡単に言いますと回転している物と回転していない物が合わさると車と車を運転する事にとっては非常に危険と言う事です。

クラッチを踏むクラッチを踏んだままアクセルを空ぶかしするシフトダウンするクラッチを放してギアをつなぐ。です。

ダブルクラッチのやり方

ダブルクラッチとは、シフトダウンする時にクラッチを踏んでシフトダウンし、クラッチを放して

アクセル踏んで回転数を上げ、またクラッチを踏んでシフトダウンさせる技術です。

クラッチを踏むシフトをニュートラルにするアクセルを空ぶかしするクラッチを踏むシフトダウンするクラッチを放してギアをつなぐ。です。

スポンサーリンク

ヒールアンドトーとダブルクラッチの違い

ここで疑問が生まれます。

ヒールアンドトーはクラッチを踏んだままアクセルを吹かしてギアチェンジできるのになぜダブルクラッチではわざわざそんなめんどくさい工程を入れなければいけないのか…

そもそもそんな工程ない方が運転に差支えがないじゃんって思いますよね普通。

ギアと言うのはクラッチを踏んでいる時はギアがエンジン動力部とつながっていない状態であるためにアクセルを吹かしてもギアは回転することが出来ません。

ではなぜヒールアンドトーが成立してしまうのでしょうか?

今の車にはシンクロと言うパーツが付いています。このシンクロがクラッチを踏んだ状態でアクセルを吹かしてもギアが回転してくれるようにしてくれている為ヒールアンドトーが可能になるわけです。

だったら最初からヒールアンドトーだけやってればいいんじゃないかと思う方も多いと思います。

結果から言いますとそれでいいです。

ですがちゃんとダブルクラッチをすることによってシンクロは傷みませんし、何よりエンジンの部分的には負担が軽減されます。

そして焦って早くシフトダウンになくてはいけないとしなくていいのです。車を走らせることが早い人の中にはきっちりこの作業を流れるように行って、車全体をいたわりながら走るために,車の傷みが少なく、タイヤの使い方を考えながらでも早いのです。

まとめ

ヒールアンドトーでもギアのシフトダウンは出来ますが、もっとエンジンをいたわった走りをするならダブルクラッチを覚えてもいいかもしれません。

ですがヒールアンドトーと違って少し難しいので慣れるまではゆっくり落ち着いて練習しましょう。

スポンサーリンク

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

s660で峠を早く走る ポイント

こんにちは、大塚です。 s660は基本サーキットで本領発揮できます。 なぜならサーキットでしか速く走ることができない為です。 例外的に封鎖された峠を走るイベントなどもあります。 そんなイベントに参加す …

日常で練習するドライビングテクニックの磨き方その方法で00を鍛える

ドライビングテクニックを磨く日常練習方法 出典http://navionthewheels.jp こんにちは大塚です。 今日は日常で出来る練習方法を教えます。 ただし他の車の迷惑にならないように注意し …

スーパーカーを追い立てる軽自動車トゥデイ魂奮闘記(実録)

こんにちは大塚です。 皆さんはスーパーカーを追い立てる軽自動車を見たことはありますか? いや、ほとんどの方がいないでしょう…。 勿論峠の下りではなくサーキットの話です。…なおさらない気がしますねwww …

荷重移動を上手くするコツを教えます。やってはいけない荷重移動とは?

荷重移動とはどういう事か 荷重移動は走行している車に対して常にドライバーが起こしているものでブレーキやアクセル、ハンドルを切ったと気に起こる現象です。 ブレーキを踏んだ時はフロントに荷重がかかり、フロ …

ボディ補強。メリットの裏に隠れた意外と知らない事実…

こんにちは大塚です。 今回はボディ補強の話をさせていただきます。 ボディ補強事態のメリット ボディを補強する理由として考えられるのは基本的に車本体がロールすることを抑えるのでサスペンションが良く仕事を …