その他お役立ち情報

s660のお金を使わず自分でやる空力改善や冷却向上方法。フロント周り

投稿日:2017年2月6日 更新日:

こんにちは大塚です。

今回はS660の純正の状態でどのように空力向上や風によって起きる冷却効果向上が出来るかと言う話です。以前も軽くアップしましたが更に詳しく載せていますので是非読んでください。

空力改善が出来ると思われる場所。フロント編

空力は基本エアロを付ける事によって高められるのが一般的ですが、それだけではありません。

例えばフロントバンパーのダクトが開いていない部分がある車だとしたらそこを開ける事によって当然何かしらの風の取り込みが期待できます。

S660の場合エンジンはリアにありますのでフロントはグリルの内側にあるラジエターのコアが目立つところでしょう。ですがラジエターは冷えやすい場所にありますので問題ありません。

ではフロントは他に何が出来るかと言いますと、フロントバンパーの端っこのダクトに穴もしくは網を張って、更にフロントのホイルのあるインナーフェンダー穴あけ加工してあげるだけでS660の泣き所の一つのキャリパーの冷却効果が期待できること+ホイルの回転によって起きる乱気流を外に出してあげる役目が期待できます。

フロントバンパーのサイドダクトの穴あけ加工の仕方

フロントバンパーのサイドダクトカバーを加工するにはこの部分をフロントバンパーから外さないと出来ません。

フロントバンパーの外し方は、できればジャッキアップして馬足にかけた方が安全に作業が出来ます。もし馬足にかけないで作業するとジャッキが倒れたら大けがをしてしまう恐れがありますので、最低でもフロントだけ安全に上げる方法をとってから作業してください。

インナーフェンダーの中についているプラスのネジとバンパーについているピンを抜いてあげるだけで外れます。

外れたらサイドダクトカバーを外してカッターで穴あけ開始か、全体を切り取って網を張る方法があります。どちらにするかは人それぞれでしょうけど、サイドダクトのカバーを外したら分かると思いますが、サイドダクトの裏はすべて風が通るようになっているのではなくフレームなんかもありますので風が通る場所は限られています…。

ですが確実に通る場所が開いていますので効果はしっかりと出ます。

写真を撮り忘れている部分は申し訳ありません(ーー;)

インナーフェンダーはカッターで簡単にカットできますのでどの位置が穴の場所かだけ確認したらカットするだけですね(*‘∀‘)。

スポンサーリンク

フロントフェンダーダクトを利用した空力

そしてS660はインナーフェンダーの中にもう一つ穴あけ加工したほうがいい場所があります。

もうお分かり間も知れませんが、そう…フェンダーに開いたダクトを利用すると言う事です。

S660のフェンダーにはすでにダクトに穴が開いていますが、インナーフェンダーが開いていないために使われていない状態になっています。

ですがこの場所を開けてしまうだけでは汚れやごみや石がどんどんフェンダー内部に入ってきてしまいます。

ここで役に立つのが網です。

編み目の小さな網を、カッターで切り開いたインナーフェンダーに貼ってあげる事でゴミや石は入りずらくなります。

スポンサーリンク

フェンダーダクトに風を通すための加工方法

まずホイルを以外した所からの説明です。

インナーフェンダーを外しますが、インナーフェンダーはピンとネジ一本でついていますが、このピンがとるのが難しいものがあります。

ピンの中央付近に爪が隠れているのでマイナスドライバーでは外れません…ピンを外す専用の

工具で挟んで外さないと取れない仕組みになっています。

又は無理やり外してピンだけ別の物に変えるという方法もありますが、私は普通に外しました。

次にカットしたい部分をそのままカッターで切り込みをします。

カットする時はボンネットを開けてフェンダーの中を確認しながら切らないと切れる部分は限られていますので失敗の恐れがあります。ある程度切れていれば後で修正できますのでここで完璧にする必要はありません。

 

カットしたインナーフェンダーの大きさより一回り大きく金網を切り出します。

次にインナーフェンダーにタイラップ(結束バンド)が入る穴をその本数分開けます。ドリルの刃を使うとミリ単位で大きさがわかりやすくて便利でしたよ。

金網にそのまま通るくらいのタイラップ(結束バンド)を使います。

後はインナーフェンダーの裏側に金網をタイラップ(結束バンド)で固定したら出来上がりです。

まとめ

フロントバンパーのサイドダクトだけでも走った時にフロントが軽い感じがはっきりと伝わってきますが、フロントフェンダーのダクト部分を開放するとさらに良くなりました。

加工もそんなに難しくな、直ぐに出来ますので是非やってみて損はありません。

しかも元に戻したいときはインナーフェンダーの価格はそんなに高価な部品ではないために簡単に出来るところがいいですね。

デメリットを上げるなら汚れが気になる所ですが、私は雨の日に余りは知らない為気になりませんので、参考にならないかもしれませんし、スポーツ走行で汚れや傷が入らない車なんてありませんので気にしていません。

これだけで車の動きがガラッと変わるのでお勧めですよお。

それでは良かったらリア編も一緒に見てください。

リアはちょっと加工する方法が違いますが、誰でもきれいに仕上がる方法ですので是非!!

スポンサーリンク

 

-その他お役立ち情報

執筆者:


  1. フロントが軽くなる理由 より:

    フロントのタイヤハウス内の気流が乱れ、車体を押し上げているのでは?

    気流が乱れる理由:
    (前方向の風)タイヤが転がる方向についてくる空気
    (後方向の風)フロントバンパーから入る空気
    これがぶつかり合い、逃げ場を失った空気がS660を押し上げていると予想

    もしそうであればフロントのグリップが失われるだけですが、
    今後もメーカーの空力テストを上回るような名案を期待します

    • ootuka より:

      こんにちは、大塚です。コメントありがとうございます^^

      それ自体は私も考えましたが、グリップがなくなっているなどの違和感は全くありません。

      さらにぶつかった空気の気流は強い空気の流れに押し出されていると推測、空気の流れは逃げ場を外に押し出すことでタイヤ内の圧力が逃げ、

      軽快に走っているように感じるまでになっていると思っています。

      計算で出ている数値ではないので、憶測の域を超えませんが。

      今はそこから入る空気はブレーキディスクへ車の内側から外に向かって当たるように改造しています。

      本当にメッセージありがとうございました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S660誰でもできるフロントハブボルト交換の仕方。

こんにちは、大塚です。 今回はフロントのハブボルトの交換です。 S660はハブボルト交換の際、普通ベアリング交換もしないといけませんが、 そのままハブボルトを交換できなくはありません。 では、どのよう …

s660のお金を使わず自分でやる空力改善や冷却向上方法。リア周り

こんにちは大塚です。 今回は前回に引き続き、S660の空力の改善や冷却向上を目的としたお金のかからないカスタム方法をご紹介していきます。 ドア下のサイドダクトの穴を広げてもっと空気をエンジンルームに引 …

S660強化ピストンに続いて強化コンロッドついに完成!!

こんにちは、大塚です。 今回はHKS九州さんから朗報が入ったのでご紹介します。 スポンサーリンク HKSさんがどこからエンジン強化を考え始めたか?? 以前ご紹介しましたが、HKSさんはまずS660の …

S660インタークーラーの交換仕方とノーマル比較

こんにちは、大塚です。 さらに熱くなる毎日の中、くどいようですがS660はどうやって 冷却するかが非常に問題になってきます。 今回は空気を冷却するパーツ、 トラストさんのインタークーラーを交換していき …

走り方で選ぶネオバとディレッツァZ3、使い込んで思う特性の違い。

お久しぶりです。 大塚です。 久しぶりの投稿になり、申し訳ないです。 車をバラバラにしてあれやこれや考えておりましたが、 走りたくて一度くみ上げてしまいました…(*_*; さて、今日の話はタイヤです。 …