メンテナンス ドライビングテクニック

ボディ補強。メリットの裏に隠れた意外と知らない事実…

投稿日:2017年1月16日 更新日:

こんにちは大塚です。

今回はボディ補強の話をさせていただきます。

ボディ補強事態のメリット

ボディを補強する理由として考えられるのは基本的に車本体がロールすることを抑えるのでサスペンションが良く仕事をしてくれるようになり、サスペンションがロールすることによって車の走行が安定して、ハンドリングが良くなり、結果運転しやすくなる。等があります。

ではどんな補強パーツがあるかと言えば、車によっても出ている社外パーツは違いますが、タワーバーやロールバー、ピラーバーにロアアームバー、サイドバーにアンダーパネル等他にも沢山あります。

これらのパーツを付けるだけでもかなり車の剛性が上がります。

スポンサーリンク

ボディ補強の注意点

ですが車を補強すると言う事は、車に対する衝撃をサスペンションで吸収しなくてはいけません…。

もしサスペンションで吸収しきれなかった衝撃はもちろんボディで衝撃を吸収することになります。

ではボディのどの部分で吸収するかと言うと、ボディの弱い部分にかかってきます。

例えばS660の場合ブレーキングで一番力がかかってくるのは補強の弱いタルガトップの天井部分です。ここを補強してあげるだけでも他の全体に力が分散してもっと車が安定します。

更に車体下のラジエターホースが入っている窪みもコーナー旋回時に力が逃げるポイントになっています。ですのでクスコさんのセンターパネルを付けたら即座に体感できます。

他にコーナリングではサスペンションが吸収しきれなかった力は当然サスペンション取り付け付近から力を分散しようとします。

ですのでこの部分を補強してあげるのです。

何かを補強したら何かに分散されていきます。こうしたことを踏まえて車の剛性を上げていけば

より高い次元でのボディ補強が出来るでしょう。

ですがボディ補強はそう単純な話でもありません。

スポンサーリンク

ボディ補強とサスペンションのバランス関係

先ほどボディを補強すると車はロールすることを抑えサスペンションがロールすることによって車が安定して運転しやすくなると言いました。

このサスペンションが能力以上の衝撃を受けたとしたらどうでしょう?

この場合当然車体が衝撃を吸収することになります。例えばある車のサスペンションの能力をマックス10とします。ここに13の衝撃が来たとします。そうするとサスペンションが10まで吸収して残りをボディが残りの3を吸収してくれます。

ではこの車の補強をさらにして衝撃を吸収しにくくしてしまった場合、ボディが1しか吸収出来なかった場合サスペンション10と残りの2を吸収しようとしますがこのサスペンションは衝撃を10までしか吸収できません…

この結果サスペンションが底付きをして車の挙動が乱れ、結局運転しにくい車へとなってしまうのです…

まとめ

ボディ補強は色々ありますが、闇雲にパーツを付けても早く走れませんし、いいセッティングなんて出ません。

一つのパーツを付けたら必ず走ってどうなったか確認するようにしてください。

買った時からついているものは一度外してみるのもいいと思います。そうすることでトータルでどうなったか、どうしたらいいのかがわかるようになっていきます。

それから走るコースや場所によってもセッティングはかなり変わってきます。タイトなコーナーが続く場所ではボディ補強がかえって邪魔する事だってあり得ます。

ですのであなたの状況に応じて最初から一つ一つやっていくのが近道だと思います。

付いているパーツが付かなかったらどうなるか知らなかっただけでもバランスはとりにくいですのでそうしたことを踏まえて是非やってみてください。
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

 

 

 

-メンテナンス, ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

車検費用を安く済ませる方法と落とし穴。車検後に壊れる理由。

車検を安く済ませながら愛車を長持ちさせることは出来るのか? 出典www.apio.jp こんにちは大塚です。 今日は1年~2年に1度来る嬉しくないイベントと言えば…そう車検です… どうにかして安く済ま …

空力改善。ボルテックスジェネレーターの効果と取り付ける場所。

こんにちは、大塚です。 今日はボルテックスジェネレーターについてお話していこうと思います。 皆さん、ボルテックスジェネレーターはご存知ですか?? 空力を考える時に思い浮かぶ効果と言えば冷却とダウンフォ …

no image

減衰力の考え方とセッティング方法とその効果とは

減衰力とは こんにちは、大塚です。 今回は減衰力についてお話します。 そもそも減衰力とは何でしょうか?それをお話しするにはまずサスペンションについてお話ししなければなりません。 サスペンションは皆さん …

ルノーキャトル4レストア中

こんにちは、大塚です。 昨日はみんなで黒川温泉に行ってきました。 秋晴れで気持ちのいい天気の中ボルボでドライブです。 CX-90はいいですねえ。 7人乗りなのでゆったり乗れて乗り心地も気に入ってます。 …

S660水冷式インタークーラーその4ウォータータンクを保冷バックに入れました。

こんにちは、大塚です。 今回は、水冷式インタークーラー自作と称して 作ったものをさらに効率を上げるために ウォータータンクを保冷バックに入れたので、 工夫も含め、参考になればと載せました。 何度も分け …