ドライビングテクニック

日常で練習するドライビングテクニックの磨き方その方法で00を鍛える

投稿日:2016年12月24日 更新日:

ドライビングテクニックを磨く日常練習方法

出典http://navionthewheels.jp

こんにちは大塚です。

今日は日常で出来る練習方法を教えます。

ただし他の車の迷惑にならないように注意して安全運転で行ってください。

スポンサーリンク

日常の運転で出来る練習

ブレーキコントロールとアクセルワークとハンドリングとダブルクラッチやヒールアンドトーです。

ヒールアンドトーはブレーキングと同時にクラッチを踏んでアクセルを吹かして回転数を上げてギア比を下げる技術です。

今はシンクロと言うシステムが付いているので昔みたいにダブルクラッチをする必要はないかもしれませんが、出来るならダブルクラッチを使った方がシンクロも傷まなくて済みますので出来る方はその方が丁寧でいいと思います。

ダブルクラッチのやり方は一応説明しますと、一度クラッチを踏んでギアをニュートラルにして状態でクラッチを放し、アクセルだけ吹かしてもう一度クラッチを踏んでギアを下げる技術で、なぜそうする必要があるかは長くなりますので別の機会に説明いたします。機械的な理由と言っておきます(^-^;

MTをお持ちの方はいつでもこの練習は出来ると言う事です。

スポンサーリンク

ブレーキコントロールは単純に踏力をコントロールすると言う事

踏力この微妙な匙加減が車の挙動に大きくかかわってくるのでスポーツ走行にはとても大事な技術です。

練習方法は目標地点までの区間、一定の踏力で停車させることが出来るかと言う練習方法です。

ブレーキを踏み足さずになるべく一定です。少し緩める程度は良いですが、決して踏み足してはいけません。

これはコーナリングに入るブレーキングの練習につながりますので踏み足すとロックしてしまうと仮定して行ってください。

このスピードだとどこで止まれるのかとわかるようにもなってきます。

次に峠の下りで走っている時など、なるべく前走車に近づくのをブレーキで離すのではなく、アクセルで距離を保つようにしてください。

前走車のスピードに一定のアクセルワークでコントロールする技術が身に付きますので、細かいアクセルワークが身につくというわけです。

また、前に車がいない時などは一定のスピードをアクセルだけで保つようにしてください。

この時、ギア比を下げれば下げるほど難易度が上がりますので徐々に下げていくといいでしょう。

アクセルワークが上手になると車の姿勢が乱れにくくなりますので是非練習してください。

次にコーナーはなるべくハンドルを切り足さないで曲がれるラインを考えてハンドルを切っていく。です。

そして一定の速さでハンドルを切って、一定の速さでハンドルを戻す練習が必要です。

これを意識して運転するのとしないのとでは雲泥の差がついてきますので、やってみましょう。

ここでは当然ハンドリングの練習ですが、コーナリングだけではなく、他の走行車を避ける時にも役立ちます。

車の挙動はアクセルワークとハンドリングでコントロールできるようになります。

そして、ブレーキングは速くは知るための必殺技ですの、地味ですが信号で止まる時でもいいのでしっかり練習してください。

ヒールアンドトーやダブルクラッチは車を早く走らせるとともに車をいたわる事でもあります。

出来ないのと出来るのとではできた方が当然良いのでこれも練習あるのみです。

頑張っていると、そのうち無意識に出来るようになりますよ。

それでは今日はこの辺で。(=゚ω゚)ノまたお会いしましょう
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

荷重移動を上手くするコツを教えます。やってはいけない荷重移動とは?

荷重移動とはどういう事か 荷重移動は走行している車に対して常にドライバーが起こしているものでブレーキやアクセル、ハンドルを切ったと気に起こる現象です。 ブレーキを踏んだ時はフロントに荷重がかかり、フロ …

アンダーステアの特性を知ってもっと早く走る方法。アンダーの種類とは?

アンダーステアが発生する5つの原因!! 出典http://qa.jaf.or.jp   こんにちは大塚です。 今日はスポーツ走行している人が必ず当たる壁の一つのアンダーについてお話していきま …

車高によるセッティング効果。前後の高さの違いでどう変わるか。

車高はどうセッティングしたらいいのか… こんにちは大塚です。 今回は車高についてお話いたします。 皆さんは車高調うを付けたときにどのようなセッティング方法でバランスを決めていますか? 乗り心地ですか? …

s660で峠を早く走る ポイント

こんにちは、大塚です。 s660は基本サーキットで本領発揮できます。 なぜならサーキットでしか速く走ることができない為です。 例外的に封鎖された峠を走るイベントなどもあります。 そんなイベントに参加す …

no image

早く走るためのドライビング向上のコツは?初心者の練習方法

ドライビングテクニックとはどういう物か… こんにちは大塚です。 今日はドライビングテクニック向上についてお話します。 でもドライビングテクニックとは一体何でしょうか? 良く聞いて出てくる答えが丁寧な運 …