ドライビングテクニック

ドラテク向上!絶対早くなるコーナリングとブレーキングの方法。

投稿日:2016年12月24日 更新日:

絶対早くなるコーナリングとブレーキングとは

出典nissan-motorsports.com

こんにちは大塚です。

今日はコーナリングとブレーキングについてもっと詳しくお話しようと思います。

ここで理解する事は、勘違いしやすいコーナリングとブレーキングの考え方を修正して、練習に励むための解説です。

スポンサーリンク

コーナリングとブレーキングのポイント

タイヤは縦グリップと横グリップがあることは別の記事でお話ししました。

この特性を理解してコーナリングの練習に励むのは一緒なのですが、この話をもう少し突っ込んでみましょう。

流れは一緒です

まず発進してアクセルを抜き、リアからフロントに荷重移動できる準備が出来たらブレーキング。

ここでブレーキをリリースして縦グリップを弱めていき横グリップに比重を上げてハンドルも切ってクリッピングポイントへ向かっていきます。

ここで注意ですが、縦グリップが強い時は曲がることが出来ません。曲がるためには横グリップを強くしないと曲がりません。

そのため、ブレーキのリリースが必要になってくるのですが、ここでポイントです。

一気にブレーキを放してはいけません一気に放すことによってせっかくフロントに乗った荷重が無くなってしまうからです。

次に出口にコーナーの向かって今度は横グリップから縦グリップ移行していき、アクセルも少しづつ踏んでいきます。ここでハンドルも戻しつつコーナーの出口へと向かいます。

縦グリップが強くなっていない時にアクセルは踏んではいけません。加速するためには縦グリップが必要で、横グリップが強い時にアクセルを踏んでもスライドする危険性の方が高いからです。

もしコーナリングでアンダーステアが出た場合は侵入時の荷重移動が出来ていない。

もしコーナリングでオーバーが出たらブレーキのリリースが少ないためにオーバーステアになります。

スポンサーリンク

ブレーキングは基本をまず理解してください。

100㌔からのフルブレーキと50㌔からのフルブレーキの制動力はどちらが大きいと思いますか?

実は殆ど同じです…

なのでスピードが乗っているのでブレーキを放せないと、制動力が多くなり、その結果オーバーになります。逆にリリースし過ぎてしまうとフロントの荷重がなくなりアンダーになります。

しっかりブレーキして徐々にリリースしていけば失敗の少ないコーナリングが出来ると思います。

ではここでクイズです。

いつもより早い速度でコーナーに侵入した時はコーナリング中のスピードも速くなっています。

この時にブレーキはいつもより長く踏むかいつもより早くリリースするか…

答えは早くリリースするです。

フルブレーキング中は曲がることが出来ません。ですのでいつもより早い速度で侵入した場合、早くリリースしないと曲がれないと言う事になるのです。

もし速度が速くてブレーキのリリースが遅れた場合コーナリングの途中でアンダーになり、結果アクセルを踏むことが出来ずにタイムが落ちてしまいます。

闇雲に走っても上達はしない

ただ走りこめばいいというのはただお金を無駄に使っているのと変わりありません。

止まるポイント、通るクリップポイント出口から次のコーナーに向けての動き…すべてイメージを浮かべて走ることが大切です。それから目の前しか見ていないのは絶対早く走れません。

必ず次の目標に目を向けて走ってください。

それではまたお会いしましょう(=゚ω゚)ノ
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

 

 

 

-ドライビングテクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

トーインとトーアウトの違いとメリットデメリットその意図した効果

トーインとトーアウトのメリットデメリットとは。 こんにちは大塚です。 今日は車のタイヤの向きを変えるトーインとトーアウトの話をさせていただきます。 いまさら聞けないトーインとトーアウトの解説 出典ht …

誰でもできる車の燃費を上げる直ぐに出来る5つの方法とは

燃費が向上5つの方法 こんにちは大塚です。 今日は車の燃費を向上させる裏技をご紹介いたします。 最近の車は本当に燃費がいいですね(*´ω`)車を買う時に燃費がいい事が上げられるくらいです。 デモさらに …

s660で峠を早く走る ポイント

こんにちは、大塚です。 s660は基本サーキットで本領発揮できます。 なぜならサーキットでしか速く走ることができない為です。 例外的に封鎖された峠を走るイベントなどもあります。 そんなイベントに参加す …

アンダーステアの特性を知ってもっと早く走る方法。アンダーの種類とは?

アンダーステアが発生する5つの原因!! 出典http://qa.jaf.or.jp   こんにちは大塚です。 今日はスポーツ走行している人が必ず当たる壁の一つのアンダーについてお話していきま …

荷重移動を上手くするコツを教えます。やってはいけない荷重移動とは?

荷重移動とはどういう事か 荷重移動は走行している車に対して常にドライバーが起こしているものでブレーキやアクセル、ハンドルを切ったと気に起こる現象です。 ブレーキを踏んだ時はフロントに荷重がかかり、フロ …