車比較

ランボルギーニセンテナリオLP770-4の実力は?実は創業者と関係が…

投稿日:2016年12月30日 更新日:

ランボルギーニセンテナリオクーペが世界初公開されました。

ジュネーブモーターショーの公開前からリーク画像が飛び交っていた新型ランボルギーニのセンテナリオですが、ついに公式の場でお披露目されました。

出展http://www.autocar.jp/

スポンサーリンク

V12自然吸気エンジンの最高出力は770馬力で0~100㌖はなんと2.8秒最高速度は350㌔にも達するスーパーカーです。

そして気になるお値段はなんとアヴェンダドールの数倍…

生産台数はクーペとロードスター20台づつの計40台しか生産されず、そのすべてが完売しています。ですが2018年にランボルギーニウルスを発売する予定で、生産キャパシティを2倍に増やしているというから驚きですね。ランボルギーニ ウルス

出展http://www.topspeed.com/

 

このランボルギーニの新型限定モデル センテナリオLP770-4は、ランボルギーニ創業者であるフェルッチオランボルギーニ氏の誕生100周年を記念したスーパーカーです。

創業者であるフェルッチオランボルギーニさん

出展https://www.google.co.jp/

スポンサーリンク

フェルッチオランボルギーニ氏(1916年4月28日~19932月20日)イタリアの自動車メーカーランボルギーニの設立者です。

イタリアのボローニャ市近くのレナッツォ(フェーラーラ県チェント市内)の裕福な農家生まれで、幼いころから機械好きで工科大学に進学、卒業後の1939年に整備兵に徴兵され、1944年捕虜となり、1946年に帰国。

そして軍放出のトラックのエンジンを元にトラクターを製造販売を行い、1949年にランボルギーニトラットリーチ社を設立、1963年にアウトモビリ.ランボルギーニSPAを設立。ここから自動車の販売を開始。しかしボリビアのクーデターにからむトラクターの売買契約のキャンセルから1971年ランボルギーニトラットリーチ社を売却。

アウトモビリ.ランボルギーニの株を51%も手放して再建を図るが1972年に訪れたオイルショックで1974年に残りの49%も手放し、自動車業界から引退…それからはワイン造りやバラの栽培に情熱傾けていた。

熱血漢の人情的で親分肌だったフェルッチオランボルギーニ氏へ今も慕う人は多いといわれているそうです。

そんな彼を主役に車を作るなんて素敵ですね…かれが行ってきたあらゆる人生の出来事はこれからも一生語り継がれ、彼は永遠に生きていくでしょう。

いやあ凄い人だあ(;・∀・)こんな人そうそういませんよね…

いつか走る所を見てみたいです。なかなか見れないでしょうが…YouTubeで我慢します。(笑)
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

-車比較

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

s660コペンカプチーノAZ-1アルトケータハム160まとめ2

軽スポーツをどう選択するかパート2 こんにちは大塚です。 前回ご紹介したケータハム160AZ-1カプチーノに引き続き見ていきましょう。 ホンダ ビート この車はカプチーノやAZ-1と比べて、むしろ峠で …

スズキカプチーノとはどんな車か?EUで販売された実力!

軽スポーツをどう選択するか こんにちは大塚です。 今日はスズキカプチーノについてお話いたします。 出典https://ja.wikipedia.org カプチーノと言う車の魅力 この車は1991年に発 …

s660は今だけは中古車が熱い!!今から選ぶs660の賢い選択

s660の購入は今中古車がいい事情。 出典search.yahoo.co.jp こんにちは大塚です。 今日はs660の中古車についてお話させていただきます。 s660は2015年にデビューしてまだ2年 …

ホンダビートは一体何がそんなに魅力的なのか?その真相は…

ビートを選ぶ理由… こんにちは大塚です。 今日はホンダのビートをご紹介いたします。 出典https://ja.wikipedia.org ホンダビートと言う車 1991年に販売されたこの車は量産車とし …

no image

s660のが我が家に来るまでのエピソード

我が家にs660がやってきた~!! 初めまして大塚と申します。僕が初めてs660を見たのは友達が家に遊びに来た時でした。   その友達はポルシェ乗り仲間でよく一緒に走りに行っていましたが、急 …