車ニュース

ポルシェが開発するミッションEとは?打倒テスラで発売日は2020年

投稿日:2016年12月19日 更新日:

ポルシェ初の電気自動車ミッションEが正式に開発されることが決定!


ポルシェが自社初となるEV(電気自動車)んぽミッションEと呼ばれる開発が正式に決定しました。今の時点ではEVの先駆けとなっているテスラがライバルにされる予定ですが、日産やトヨタもそうですが、今後他のメーカーもぞくぞくと開発が進んでいることから、EV商戦が始まる時代に突入した事を意味するかもしれません。

スポンサーリンク

ポルシェのミッションEとは…

この車が初めて表舞台に出てきたのが2015年のフランクフルト.モーターショーで発表されたコンセプトカーでした。しかし、この時点ですでに2020年販売に向けて開発は進められていたということです。

この開発にはル.マン24時間レースで優勝した919ハイブリッドに使用された電動パワートレイン技術が使われていて、まさに919がレースでその本領を証明したことになるのです。

このミッションEは600馬力で0-100が3.5秒以下で4輪駆動。恐ろしいのがバッテリーを80%充電するのに15分しかかからないと言う事です…(◎_◎;)

更にポルシェ研究開発の役員MichaelSteiner氏によると、この電気自動車の技術は(ミッションEのプラットフォーム)はいろいろなボディー形状へ変えることが出来る。

つまり形にこだわる必要が無いため、この後の展開としてSUVをやオープン2シーターなどがポルシェから登場する可能性を秘めていると言う事です。

私たちは地球に対して良い方面へ進んでるのでしょうが、私はモータースポーツの醍醐味の一つであるエンジンのエグゾーストサウンドが聞けなくなるとは思いませんが、少し寂しく思えます。

ですがこれも新しい時代なんでしょうね…楽しみではありますが、これからの時代に乗っていて楽しい車がどれだけ存在続けれるのかが気になるニュースの一つでした。

新しい時代には新しいライバル関係が必ず存在。

今のところテスラのモデルSがライバルになってくるに違いなさそうです。

テスラのモデルSはテスラが発売した電気自動車の2台目になる車で、日本では2013年に発売されました。誰もがびっくりしたのがその驚異的な加速力で、0~100が3秒と言うスーパーカー並の速さです。連続航続距離は440~550キロメートルで、自宅のコンセントや日本各地のある充電スポットを使って充電するシステムです。

テスラ モデルS  新車価格926万円~1369万円

すでに今の状態でリードされているテスラにどう追い上げをしてくれるかも今後期待したいポイントですね。

今電気自動車は開発が激化していますが、バッテリー交換代金がどうしても高くつくのでそこがでめりっとでしょうか…

私は今の時代の人間なので軽く作れる分スーパースポーツ級に早いのですがマフラーのサウンドもやはりほしいと思ってしまいます。

ですがこれからの時代のスポーツカーの変わり方にはすごく興味があるのでゆっくりと時代の流れを楽しんでいきましょう。

それではまたお会いしましょう

スポンサーリンク

 

-車ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

s660チャリティーイベント熊本 最終話

こんにちは、大塚です。 熊本で行われたチャリティーイベントの話の続きです。 今回はリバティウォークさんのエアロ そして、m&mさんの気になるパーツ。 最後にHKS九州さんの強化エンジンの事で聞いたお話 …

ルノーキャトルやCBR250RR MC22前期など…レストア中

久しぶりの投稿で~す。 こんにちは大塚です。 やっと壊れたようなほったらかしていたようなよくわからないパソコンの状態から復帰です。 いろいろ忙しかったりゆっくりしたりでブログ更新していませんでした^^ …

s660は今だけは中古車が熱い!!今から選ぶs660の賢い選択

s660の購入は今中古車がいい事情。 出典search.yahoo.co.jp こんにちは大塚です。 今日はs660の中古車についてお話させていただきます。 s660は2015年にデビューしてまだ2年 …

ホンダs1000性能価格発売日やライバルの最新情報入手!

ホンダs1000は海外モデルとして販売か? 出典:ベストカー こんにちは大塚です。 s660が出た当初からそういう視野も入れているとほのめかすようなホンダのs1000の噂が出ておりましたが、実際にs6 …

マツダ新型CX-5やデミオが熱いヘッドアップディスプレイ

新型CX-5やデミオが熱い理由 マツダの快進撃が止まらない 出典http://www.mazda.co.jp/ こんにちは大塚です。 マツダさんのCX-3~5と言ったら世界1言っても過言ではないディー …