車ニュース

s660タイヤ。ダンロップ ディレッツァZ32017年2月登場

投稿日:2016年12月19日 更新日:

ダンロップ ディレッツァZ32月販売開始

今日こんにちは大塚です。

ついにs660のタイヤの選択肢に新たなタイヤの登場です。

s660に履かせるスポーツタイヤは数少なかったのですが、これで選択幅が増えてS660乗りにはいいニュースですね(^-^)

スポンサーリンク

ダンロップディレッツァZ3

ダンロップが2017年2月に販売を始めるディレッツァZ3ですが、気になるのはZ2との違いや軽自動車にタイヤの選択サイズがあるかどうか。また、s660オーナーである私は特殊サイズのs660付けることが出来るのかが気になる所でした。

出展http://www.srigroup.co.jp/

調べたところ、165/55r14  72v~275/35r19  96w  全35サイズで価格はオープンとなっていました。

14インチから履けるって事は15インチと16インチはあるので確実にありますね。

サイズがあるのがわかったのでドンなタイヤかご説明いたします。

スポンサーリンク

ダンロップディレッツァZ3で施された改良点

改良ポイントとしてはモータースポーツで使用されているグリップ向上剤と、スチレンを多く結合させて発熱性を高めたハイスチレンポリマーを採用したことにより、グリップ性能向上。難しい話ですが、通常のポリマーの鎖を長くした高分子量ポリマーを採用することでグリップ性能と相反する耐摩耗性能を維持し、走行時に負担の大きいセンターリブを大きくさせる事とランド比を高めたパターン(溝)デザインによって合成を高めつつグリップ性能とコントロール性能が向上。

出展http://www.srigroup.co.jp/

更に旋回する時の接地圧を均等に保つようにプロファイル(タイヤの側面)を見直すことでもグリップ性能やコントロール性能が向上したそうです。

出展http://www.srigroup.co.jp/

要するにスポーツ用に使っているグリップ向上剤に発熱性を高める事でタイヤの温度が上がりやすくなることで、すぐにグリップ力が上がる。

出展http://www.srigroup.co.jp/

更にタイヤを構成しているポリマーを長いものに変えたのでタイヤの表面が削れにくくなっていて、グリップ力は向上したけどタイヤはそんなに直ぐに減らないようにしてますって事ですね。1つのタイヤで2度おいしいって事です。

そんな美味しい話があるわけ…

あったああああああああああああああ(;・∀・)

出展http://www.srigroup.co.jp/

勿論アドバンネオバもそういった感じなので、早く使ってみたいですねええ( *´艸`)。

2014年に発表されたスポーツタイヤのディレッツァZ2からさらに新技術でグリップ力や耐摩耗性能をアップ、センターリブを大きくしたことやパターンを見直すことタイヤの接地面が増えて尚且つコントロール性能が上がったディレッツァZ3は本当に期待しています。

特にお値段が気になる所ですねええ…残念ながらZ2にs660のサイジングがないために比較が使用ありませんが、早く登場してくれるのを待つばかりです。

今はネオバかナンカンしか選択肢がありませんので、それだけでもかなり楽しくなりそうですね(^-^)

それではまたお楽しみに

スポンサーリンク

 

 

 

 

-車ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マツダ新型CX-5やデミオが熱いヘッドアップディスプレイ

新型CX-5やデミオが熱い理由 マツダの快進撃が止まらない 出典http://www.mazda.co.jp/ こんにちは大塚です。 マツダさんのCX-3~5と言ったら世界1言っても過言ではないディー …

スーパーカーを追い立てる軽自動車トゥデイ魂奮闘記(実録)

こんにちは大塚です。 皆さんはスーパーカーを追い立てる軽自動車を見たことはありますか? いや、ほとんどの方がいないでしょう…。 勿論峠の下りではなくサーキットの話です。…なおさらない気がしますねwww …

値下げされたロータスエリーゼ!価格と性能 意外な車との共通点

ロータスエリーゼが全車種の価格を値下げ!!     こんにちは大塚です。 ロータスが全車種を値下げしましたね。ですがどれだけ下がって何が変わったのかわからないと思いますので、登載し …

ポルシェが開発するミッションEとは?打倒テスラで発売日は2020年

ポルシェ初の電気自動車ミッションEが正式に開発されることが決定! ポルシェが自社初となるEV(電気自動車)んぽミッションEと呼ばれる開発が正式に決定しました。今の時点ではEVの先駆けとなっているテスラ …

ホンダs660エンジン200馬力程で時速428㌔記録Sドリーム

ついに本田さんが660㏄エンジンで400㌔を超えるスピードを出しました こんにちは大塚です。 今回はS660と同じエンジンを搭載し、(もちろんチューニングしていますが)とんでもないスピードを出すことに …