車ニュース

TOYOTAGAZOO Raciug2017WRCにビッツで参戦

投稿日:2016年12月18日 更新日:

TOYOTA ヤリス(日本名ビッツ)でWRC参戦発表

こんにちは大塚です。

ついにトヨタが2017年のFIA世界ラリー選手権(WRC)に出ると発表しましたね。

出典http://toyotagazooracing.com/

開幕戦のラリーモンテカルロを控えて参戦の車ヤリスとドライバーを発表!!

17年もの間参戦していなかったトヨタがこの舞台に戻ってきたことを心から歓迎と期待で胸がいっぱいです。楽しみですね

社長の豊田章男さんも負けず嫌いのこのチームとこの車で戦っていく自信を共有することが出来た。皆様に応援してよかった。王者トヨタが帰ってきたとファンの皆様に笑顔で言っていただける日を1日でも早く実現できるように、トミを始めとするチームメンバー達が努力し続けていくので、是非応援してほしい(-ω-)/。とコメント

スポンサーリンク

チームを率いるのは

チームの代表はトミ アンテロ マネキンで彼は1996~1999にかけて三菱のドライバーとして世界ラリー選手権で4年連続でチャンピオンに輝いたドライバーです。

ヤリスは信じられないほどのポテンシャルを持つ優れた設計の車だ。そして新規定により、開発の自由度が大幅に高まっている。だがまだすべてのポテンシャルを引き出したわけではないが、ヤリスのWRCは信頼性と速さを兼ね備えている。結果が本当に待ち遠しいよ…(*´ω`)っとコメントを残した。

スポンサーリンク

気になるドライバーは

このヤリスのドライバーは2人いて、一人目にヤリーマティ ラトバラさん。

彼はフィンランド出身のラリードライバーでチャンピオン経験はないものの、優勝は通算16回。

父のヤリ、ラト、バラさんは1994年のフィンランド国内ラリー選手権グループNクラスチャンピオンです。

次にユホ、ハンニネンさん。彼は2010年のIRCチャンピオンで、WRCでの優勝経験はまだないが期待されているドライバーの一人である。

出典http://toyotagazooracing.com/

この二人による2台での参戦になりました。

更に2016でWRC2でタイトル獲得したエサペッカ、ラッピさんもテストドライバーとしてチームに加わっています。

このヤリス(ビッツ)は1.6L直噴エンジンはなんと380馬力。更に冒頭出お話した通り設計の自由度がましたおかげで空力面でかなり進化を遂げたそうです。

出典http://toyotagazooracing.com/

確かにごっついリアウィングだけ見ても凄そうですね…あの優しそうな顔をしたビッツとは思えないくらいカッコいいですよ(; ・`д・´)

スポンサーリンク

 

 

 

 

-車ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スーパーカーを追い立てる軽自動車トゥデイ魂奮闘記(実録)

こんにちは大塚です。 皆さんはスーパーカーを追い立てる軽自動車を見たことはありますか? いや、ほとんどの方がいないでしょう…。 勿論峠の下りではなくサーキットの話です。…なおさらない気がしますねwww …

LEGEND RACE CARついに日本上陸気になる価格とスペック

こんにちは大塚です。 今日はレジェンドレースカーのご紹介です。 出典legendcarsjapan.com レジェンドレースカーとは? この車は1992年ノースカロライナ州のシャーロットでレジェンドレ …

2017ポルシェ911RSR最新情報ポルシェ911ミッドシップレイアウト登場

ついにポルシェ911にミッドシップが登場 こんにちは大塚です。 ポルシェは兼ねてからミッドシップスポーツを研究開発してきましたが、911と言うブランドの人気に終止符を打つことが出来ずに今でもRRの伝統 …

マツダ新型CX-5やデミオが熱いヘッドアップディスプレイ

新型CX-5やデミオが熱い理由 マツダの快進撃が止まらない 出典http://www.mazda.co.jp/ こんにちは大塚です。 マツダさんのCX-3~5と言ったら世界1言っても過言ではないディー …

s660チャリティーイベント熊本 最終話

こんにちは、大塚です。 熊本で行われたチャリティーイベントの話の続きです。 今回はリバティウォークさんのエアロ そして、m&mさんの気になるパーツ。 最後にHKS九州さんの強化エンジンの事で聞いたお話 …