ドライビングテクニック s660日記

s660で峠を早く走る ポイント

投稿日:2017年12月14日 更新日:

こんにちは、大塚です。

s660は基本サーキットで本領発揮できます。

なぜならサーキットでしか速く走ることができない為です。

例外的に封鎖された峠を走るイベントなどもあります。

そんなイベントに参加することでストリートで楽しむこともありますね。

ではサーキットとストリートとどう違うのでしょうか??

スポンサーリンク

サーキットとストリートの違い

まずサーキットとストリートで走るのは全く違うことを理解しなければいけません。

どういった意味で言っているかというと、

サーキットはきれいな道である。

サーキットルールがある

追い越しがある(追い抜かれることがある)

タイヤカスが落ちている

大破した競技車がいきなり止まっていたりする(これは場合によっては事故という形でストリートでもありますが、頻度の問題ですね)

などなどざっくりしてますがこんなもんでしょう。

ストリートは??

ギャップが多い又は走行注意(道が汚い穴が多い落石や落ち葉ゴミが多いなど含めます)

車以外でいきなり人や動物が飛び出してくる事がある(これが一番怖いww)

アップダウンが激しい場所がある

交通ルールがある。

滑り止めがある。

道が狭かったりする

キャッツアイなどパンクしそうな障害もある

まあここもざっくりしていますがこんなもんでしょう。

何が言いたいかと言いますと、

ストリートとサーキットでは走り方とセッティングが当然違ってくると言う事です。

サーキットは車高をぎりぎりまで下げてサスを固くして、アーム類などピロボールに交換してダイレクトな走行したり、

道路交通車検を通す必要がないため、幅広いカスタムが可能

ストリートでは道路交通法に乗っ取ったカスタムしかできません(日本を基準にしています)。

さらにギャップに影響を受けるのでサスペンションは固くするとデメリットが出る場合もあります。

ピロボールなどは車自体に悪影響を及ぼしかねません。

軟骨のない骨で走っているようなものです。

衝撃が多いストリートではあまりお勧めできません。

ではs660に乗ってストリートで速く走るとしたらどういったカスタム、

走り方になるのでしょうか??

スポンサーリンク

s660で峠を速く走るポイント

まず足は固すぎてはいけませんが、テインフレックスZの車高調では

限界走行は少しきついものがあります。

とは言うものの、やはりしっかり設計されているので

そこそこ早い人くらいでは丁度いいくらいかもしれません。

大多数の人に当てはまるようにできているといったところでしょうか。

何が悪いのかというと、極度のスピードで旋回中やgがかなりかかるような場面では

サスペンションが負けてしまいます。

ですが大体の場面では問題ありません。

あくまでも限界の走りをしようとした場合の話です。

単純にバネレートを上げてみるのも一つの手ではありますが、

道によって何がいいかは変わるので

自分の力量にあった物をチョイスするしかありません…

合成もそこそこないといけませんが、ギャップが多いため

少しは車自体で衝撃を吸収するようにも計算しなくてはいけない場合もあります。

走るコツは、まあいろいろ走り方はありますが、ここで一つ紹介

するとしたら、コーナーの入り口で車体を出口に向かわせて

一気に加速しながら立ち上がっていく走り方でしょうか…

意味が分かりませんよねww

s660はもともとリアが流れにくく設計してあります。

フロントホイルがリアより小さく、タイヤ幅も狭いのは

リアが流れてくるのを抑えるためでもあります。

なぜこうするかと言いますと、もともとミッドシップはリアが流れやすいからです。

ですがあえてコーナー入り口で少し後ろを滑らせて

ハンドルはほぼまっすぐに戻した状態で旋回するイメージです。

分かりにくいですが、一瞬カウンターを当てるような当てないようなって感じです^^;

こうすることでコーナー入り口でのスピードも速く、出口も早く踏んでいけるため

直線で加速して行けると言う訳です。

これが本当に難しいのですが、出来るようになればVSA(Vehicle Stability Assist)を消さなくてもあり得ないくらい早いです。

s660はタイトなコーナーが多いコースが得意ではありますが、

この走り方をするだけで直線でもスピードが乗ってくれるようになります。

ここまでの運転技を持った人が乗ったs660は、

場所にもよりますが峠などのストリートではなかなか勝てる車はないのではないでしょうか…

バイカーでも抜くのにはかなりの腕が必要になります。

登りオンリーといった条件が付けばパワー不足かもしれませんが、

アップダウンではなかなか早いですよ。

本当に走りこなせる人でしたら十分に楽しめます。

この走り方のもう一つのメリットは旋回が早いため

ブラインドコーナーで対向車や異変を発見しやすく

回避しやすい事もあります。

峠は選べるラインが限られていますので、

車の向きを意図的に変える技術があればかなり有利になります。

s660はパワー不足だとよく言われますが、

安全マージンを確保して十分に速く走れる車であると安心してください。

ですが運転技術がいりますのでしっかりと練習すればわかるようになりますよ。

VSA(Vehicle Stability Assist)はつけたままで十分早く走れます。

VSAは片輪が浮いたりトラクションがかかりにくかったりした場合に作動しますので、

ちゃんと走れる人はあまり作動しないように速く走ることができます。

コーナリングマシンだからこそ走りこんでいくと楽しいのもがありますね。

こんな独り言に最後まで読んでくださってありがとうございました。

それではまた(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

 

-ドライビングテクニック, s660日記

執筆者:


  1. ひろさん より:

    はじめまして。
    ブログ拝見しました。
    少々きになったのですが、
    クルーズコントロールをなにかと勘違いされていませんか?
    クルーズコントロールって高速道路とかでアクセルを維持してくれる機能ですよね。
    S660でも、αには搭載されてますよね。
    それって姿勢制御装置、ホンダだとVSA「Vehicle Stability Assist」の事ではないでしょうか?
    気になったもので。

    • ootuka より:

      新年おめでとうございます。また初めまして、大塚と申します。

      ご指摘ありがとうございます。

      当方専門用語には疎いもので、ご指摘いただいて助かりました。

      こんな記事ですが読んでいただけて嬉しく思います。

      ご指摘の部分は修正をかけさせていただきます。

      わざわざありがとうございました

      大塚

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

s660ウェッズスポーツホイールを選んだ理由とブレーキパット

ウェッズスポーツのホイールとプロミューのブレーキパット こんにちは大塚です。 今回はホイルとブレーキパットについてお話させていただきます。 何を基準にホイルを選んだらいいのか? 出展http://we …

キャリパー交換したS660、気を付けなければいけないタイヤ交換

こんにちは、大塚です。 今回はキャリパーもを交換されている、もしくは交換したいと思っている S660オーナーさんに気を付けた方がいい失敗例をご紹介します。 誰でもこうなるわけではありませんが、経験しな …

走ってる感じで走るのと早く走ることの違い…

こんにちは大塚です。 走りを勉強し始めて最初はあれやこれや試して成果が出るたびに一喜一憂しているかもしれません。ですが本当にその走り方が早いのかはタイムが示してくれます… こんなに突っ込んで怖い思いし …

s660に付けたいクスコ製強化ピッチングストッパーとは??なぜ??

こんにちは、大塚です。 またまた久しぶりになって申し訳ありません(-_-;) 実はあるパーツを作るためにいろいろと勉強していました… s660にずっとつけたかったのですが売っていなくて… そこで作って …

S660センターコンソールの外し方

こんにちは、大塚です。 今回は、コンソールの外し方をご紹介していきます。 用意するもの 用意するものは+ドライバーとパネルはがしと17番のレンチだけですww パネルはがしはプラスチックのヘラみたいなも …