s660日記 その他お役立ち情報

s660のカーボンボンネットと無限フェンダー塗装続き

投稿日:2017年11月7日 更新日:

カーボンボンネット交換することで走行に対して

どんな効果があるのか??

それも踏まえてお話していきます。

スポンサーリンク

まずは塗装です( *´艸`)

今回購入したのはトヨシマクラフト製で、5,5キロのものです。

塗装自体はモノがよかったために仮付けではほぼ何も問題なくつけれました。

しかしこの時バンパーも外して作業していたため、

この後に問題が発生するとは思ってもみませんでした…

その話はまた後でww

もちろん無限のフロントフェンダーも問題なくチリがあってます。

SONY DSC

SONY DSC

前回、このダクトの中をブルーで塗装するか、

頃で塗装するのか迷っていました。

結果はこれです。

SONY DSC

中は黒く塗ることで、中の穴などが目立たなくなったので良かったと思います。

SONY DSC

ボンネット(フロントフード)は仮付けの時に気になったところはこの部分。

ドアとボンネットの角が干渉していました。

もちろんすぐに解決しましたがこの時はこれくらいで、

なかなかいいつくりでしたよ(∩´∀`)∩

SONY DSC

ホンダの文字はこんな感じでカーボン柄を残す形で付けました。

さらにカーボンだということが分かるように

SONY DSC

こうして内回りだけカーボン柄を残しています。

SONY DSC

最後の取り付けで困ったこと

最初に話していた問題発生ですが、

バンパーを付けて、ボンネットをはめて

さあ終わりだというボンネットを閉めるだけという時に…

ボンネットが閉まらない…(;”∀”)

???

どこが干渉している??

バンパーが外れているときは閉まっていたのに…

結局バンパーを外して検証。

ヘッドライトのあたりに干渉しているような感じでした。

なのでボンネットを止めるピンを上にずらして固定。

これで問題解決ですが、本当に焦りましたwwww

スポンサーリンク

走りはどうだったか??

私のs660はフロントフード内に荷物を入れるケースは入っていません。

ここで2キロほど軽いでしょうか??

さらに晴れの日しか走りませんので幌もつけていません。

そして今回フロントフードとフロントフェンダーを軽くしました。

トータルで(幌の重さは入っていません)6~7キロは軽くなったでしょうか…

ここまで軽くなるとリアとのバランスが気になるところですが…

さっそく走ってきました。

コースのわからない下りの中高速コーナーではへたくそなブレーキングで

リアが流れるようなそぶりも出ましたが、

安定して立て直すことができ、当然ですが軽いせいで加速が早いです。

登りは大丈夫かな??と思った所、結構ぐいぐい曲がってくれますww

タイヤのおかげもありますが、いいですねえ^^

タービン交換しなくても十分に速い車になっています。

ですが、峠でケーターハムと勝負するならタービン交換は必須ですね…

次はバネレートを変えてもっと攻めれるようになるか検証してみたいです。

スポンサーリンク

-s660日記, その他お役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

s660 無限エアロ価格と交換例

こんにちは、大塚です。 今回は無限の出しているエアロ。 その中でもフロントフェンダーのご紹介です。 なぜフロントフェンダーなのかは後でご説明しますが、 その前に無限のエアロがどんなものがあるのか また …

s660イベント 熊本県に行ってきました。

こんにちは、大塚です。 今回は熊本で行われたs660のイベントに行ってきましたので 気になるs660の情報をご紹介します。 どんなイベントか?? このイベントは熊本の被災された人たちに募金するために行 …

S660のインタークーラーにダクトファンを取り付け

こんにちは、大塚です。 皆さんはS660の熱害帯策はどうされていますか?? インタークーラーに冷たい水を噴射する装置の付け方は 参考になりましたでしょうか?? 今回はさらに水を噴射しただけでなく 風ま …

no image

s660日記 ついに事故、保険は??

こんにちは、大塚です。 最近は新しいs660のカスタム商品も買えなかったので おとなしく練習ばかりしておりましたww そしてそんな僕の元に不幸が飛び込んできました… スポンサーリンク 練習の帰り…山付 …

S660水冷式インタークーラーその4ウォータータンクを保冷バックに入れました。

こんにちは、大塚です。 今回は、水冷式インタークーラー自作と称して 作ったものをさらに効率を上げるために ウォータータンクを保冷バックに入れたので、 工夫も含め、参考になればと載せました。 何度も分け …