パーツ比較 s660日記 その他お役立ち情報

S660インタークーラーの交換仕方とノーマル比較

投稿日:2017年8月7日 更新日:

こんにちは、大塚です。

さらに熱くなる毎日の中、くどいようですがS660はどうやって

冷却するかが非常に問題になってきます。

今回は空気を冷却するパーツ、

トラストさんのインタークーラーを交換していきます。

外気温33度でも冷えた冷却水とファンで全開走行しても40~60度で保てる

純正に対して容量アップのインタークーラーはどうなのか??

交換した後に純正と比較してみますので、最後まで読んでください。

比較後、衝撃の事実が明らかになります(;^ω^)

スポンサーリンク

トラスト製のインタークーラーと純正の比較

届いた時はこんな感じのものが入っています

SONY DSC

SONY DSC

純正とはどう違うかと言いますと

SONY DSC

SONY DSC

ここまで容量は違います。

早く付けて走りたくてたまりません!(^^)!

トラスト製インタークーラーの付け方

まあそんなに難しい事はありませんが、

まずはインタークーラーカバーを外します。

10㎜のラチェットがあれば簡単です。

SONY DSC

そしたらインタークーラーが出てきますので、

固定しているボルトを外したら、

サクションパイプのゴムホースについている留め金とスロットルの

ゴムホースを緩めてゴムからインタークーラーを外します。

純正に付いているゴムの部品を外して

SONY DSC

トラスト製のインタークーラーに取り付けます。

付属のステーを説明書通りに付けながら

SONY DSC

トラスト製のインタークーラーを二つのゴムホースに差し込んで

純正のボルト穴にボルトを締めこんで

SONY DSC

最後にカバーをして完了です。

スポンサーリンク

実際に走ってみた感想

ん~…

正直な感想は、街乗りは非常に温度上昇は抑えられています。

通常の温度上昇より度くらい

差があるような感じでした( 一一)

ですが弱点がありました…

それはエンジンルームが熱くなったら

アルミ自体が熱を帯びてなかなか熱を冷ますことが出来ません。

もちろんファンを回して、さらに必殺冷水噴射…

でも60度は平気で越えて70度まで上がっていきます。

このままなら純正のままの方がよかったです…

温度上昇も最初は抑えられていますが、

全開モードではむしろ上昇が早くなりました…。

何か対策をしないと…峠の下りでは温度が下がるのは速いのですが

登りは全く使い物になりません…

純正のパーツのすごさ

ここで純正パーツがどう考えられていたかを改めて考えました。

純正のインタークーラーは小さいですが、横の空気をためる場所は

金属で出来ておらず、熱に対しては強く思います。

SONY DSC

更にインタークーラーカバーはインタークーラーとエンジンルームの

熱から守るために間に仕切りを入れて熱を遮断しています。

SONY DSC

こういった事から、熱に大した対策はさすがと言った所でした。

僕はそうとは考えなくてインタークーラーの大きさが

変ったので間仕切りをきって加工してしまいました。

SONY DSC

変える前と変えた後…変えないほうが冷えるなんて誤算です…

ですが直対策を講じて冷えるのも早くて熱も上がりにくくしましたので

写真など撮って調整が完了したら次回ご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

-パーツ比較, s660日記, その他お役立ち情報

執筆者:


  1. 止まらない青信号 より:

    お初になります、ちょっと気になったことがありコメントさせて頂きました。こちらのページで紹介されているインタークーラーの交換ですが60度から70度と表記されているのはエンジン冷却水の温度でよろしかったでしょうか?

    • ootuka より:

      初めまして、大塚と申します。

      コメントありがとうございます。

      インタークーラーは空気を冷やす部分ですので、説明下手かもしれませんが空気の吸気温の事です。

      吸気温が下がれば下がるほどエンジンに酸素が多く入る事になるので、

      そこからパワーを上がることを期待した、またはパワーが下がらないように工夫したチューニングの話です。

  2. 止まらない青信号 より:

    返信ありがとうございます。私の認識ではインタークーラーは冷却水をサーモスタットで一定の温度を超えると弁を開いて冷却水をインタークーラーに流して温度を下げてくれるものだと認識していたのですが
    それとは違うものなのでしょうか?

    • ootuka より:

      水冷式インタークーラーはコアを使って冷却した水を使い空気を冷やすかと言うものは知っていますが、

      サーモスタットを使うものはラジエター以外知りません。

      ここでの話は空気を冷やすインタークーラーの事で、エンジン自体を水の循環によって冷やすラジエターとは違いますよ。

  3. 止まらない青信号 より:

    すみません、私が不勉強でした。教えて頂き、ありがとうございます。初めて買った車がs660でしていろいろと勉強中になります。若輩者ではございますが、これからも間違ったコメントなどでご迷惑をおかけするかもしれないのですが、勉強させて下さい宜しくお願いします。

    • ootuka より:

      とんでもございません。

      僕もs660を買ったばかりの頃は何も知りませんでした(笑)

      今でも分かってないことの方が圧倒的に多いくらいなので勉強しております。

      それもこれもs660で楽しくスポーツ走行したいがためにやっていることですが、

      僕の遊びが少しでもお役に立てたら嬉しく思います。

      またコメントお待ちしております。

      大塚

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

S660だけでなくやっておきたい真夏のチューニング?暑さ対策

こんにちは、大塚です。 いや~暑い暑いって35度越えてますがな… 暑すぎてかないません… S660で全開したら吸気温大変な事になってるやろうなあ… なんせ35度ですよ… 全開で走ったら… 全開で… 全 …

S660水冷式インタークーラーその3 

こんにちは、大塚です。 インタークーラーにノズルを付けて水を噴射して冷却する 方法をやっています。 しかしもっと効率がいい方法がないか考えています。 前回の話では噴射するノズルに網を張って霧状に噴射さ …

キャリパー交換したS660、気を付けなければいけないタイヤ交換

こんにちは、大塚です。 今回はキャリパーもを交換されている、もしくは交換したいと思っている S660オーナーさんに気を付けた方がいい失敗例をご紹介します。 誰でもこうなるわけではありませんが、経験しな …

ルノーキャトルやCBR250RR MC22前期など…レストア中

久しぶりの投稿で~す。 こんにちは大塚です。 やっと壊れたようなほったらかしていたようなよくわからないパソコンの状態から復帰です。 いろいろ忙しかったりゆっくりしたりでブログ更新していませんでした^^ …

20㎜ロングハブボルト交換後のメンテナンスとホイールナットについて

こんにちは、大塚です。 今回はハブボルトを自分で交換した方や、交換して1年以上たった方のお車の メンテナンスについてと、ホイールナットについてお話いたします。 スポンサーリンク ハブボルト交換後はピッ …