メンテナンス s660日記 その他お役立ち情報

S660ノーマルインタークーラーの限界。

投稿日:2017年7月22日 更新日:

こんにちは、大塚です。

ここ最近やっとというか…

あっついですね~(;’∀’)

S660は熱に対して対策をしないとパワーなんかあっという間に

なかったことになっちゃいますww

HKSさんが未だ発売しない水冷式インタークーラーを

毎日待っている方も多いと思います。

この夏に出てくるのは間違いないと思いますが…

さて、そんな皆さんが待っている間、

又は発売されても変えない金額だった場合の方の為に

dayで作ることが出来るカスタムでどこまで冷やすことが出来るかの

まとめをご紹介します。

つまり、今回はノーマルのインタークーラーで

どこまで冷やすことが出来るのかを検証した結果発表をします。

スポンサーリンク

まずは水冷式インタークーラーにした場合

SONY DSC

水冷式と言っても水を噴射するといった方法です。

メリットは安価で作ることが出来ますし、

個人がdayでやっても問題ありません。

方法は別のブログでアップしているのでよかったら一緒に見てください。

そして噴射するのはただの水ではありません。

キンキンに氷で冷やした水をタンクに入れて、

更にクーラーバッグに入れて一緒にスペアの氷水と

保冷剤入れて走りますwww。

デメリットは…

助手席が狭くなるのと、水の分重くなる…

更に言うならキンキンの水を毎日準備するの少し面倒ですwww

水冷式インタークーラーの効果

SONY DSC

これも別の記事で上げていますが、

気温29~32度の場合

そのままでは僕の車は全開走行した場合、吸気温は80度を越えます。

60度を越えそうになるたびに噴射で大体50度付近まで落ちます。

気温が28~30度くらいなら場合によっては30後半まで温度は低くなります。

ですが、やはり温度が上がってくるのは時間の問題…

走っている場所によっては、水はあっという間に使い切ってしまいます…

スポンサーリンク

ダクトファンで空冷インタークーラーの場合

SONY DSC

基本的に通常の走行の-10度以上は低いと言っていいでしょう。

気温29度~30度の場合

基本60度前半で収まっていることが多いです。

ですのでこれも有効と言う事が判りました。

しかもこちらの場合上昇した温度は速く冷やされます。

通常走行では40度台です。

では禁断の二刀流ではどうでしょう?

29~30度の場合、両方を使って全開走行した時は

大体50度ほどに安定します。40度~60度の間で調整するような感じです。

しかも水を噴射した直後から効果が出ますので、

どこをどう走ってようが関係ありません。

とても効果があったと言えると思います。

しかもインタークーラーは純正のままですから…(;’∀’)

これが社外のインタークーラーになった場合はどうでしょう??

今度そちらの結果をブログで公開します。

お楽しみに~

スポンサーリンク

 

-メンテナンス, s660日記, その他お役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

やっと更新できましたあΣ(゚Д゚)エアロの続き…

こんにちは大塚です。 やっと続きがかけました… 長い事間が開いてすみません… スポンサーリンク S660人生初のエアロ話… 塗装屋さんじらすの好きみたいで… え?ほったらかしにされてる? そんなことな …

空力改善。ボルテックスジェネレーターの効果と取り付ける場所。

こんにちは、大塚です。 今日はボルテックスジェネレーターについてお話していこうと思います。 皆さん、ボルテックスジェネレーターはご存知ですか?? 空力を考える時に思い浮かぶ効果と言えば冷却とダウンフォ …

S660補強バランス。必要かどうか再検討する事も大切です

こんにちは大塚です。 今回は、今まで付けたパーツについて 使い続けた感想と、ものによって外してみて 再度付けてみたときの感想を書いていきます。 SONY DSC T-レーシングさんのリアフレームバー …

no image

s660ウェッズスポーツホイールを選んだ理由とブレーキパット

ウェッズスポーツのホイールとプロミューのブレーキパット こんにちは大塚です。 今回はホイルとブレーキパットについてお話させていただきます。 何を基準にホイルを選んだらいいのか? 出展http://we …

S660水冷式インタークーラーその4ウォータータンクを保冷バックに入れました。

こんにちは、大塚です。 今回は、水冷式インタークーラー自作と称して 作ったものをさらに効率を上げるために ウォータータンクを保冷バックに入れたので、 工夫も含め、参考になればと載せました。 何度も分け …