メンテナンス s660日記

S660水冷式インタークーラーにダクトファン追記

投稿日:

こんにちは、大塚です。

九州の水害の爪痕はいまだ大きく残っていて、

まだ車を満足に走らせることは出来ませんが…

取りあえずファンがどう回るかを試してきました。

スポンサーリンク

誤算…

何が誤算かと言いますと…

まず取り付けたファンの外形は殆どインタークーラーのダクトと同じです。

もちろん外形を少し削って小さくはしていますが…

結構ぎちぎちに入れていたせいでファンが変形し、

プロペラの端が枠に押し付けられて溶けてました…

そのせいでサーモスタットもエラーエラーの連続で…

当然ファンは回ってくれません(-_-;)

サーモスタットは取り付けましたが、

温度センサーと表示している吸気温度はやはり誤差があります。

更に実際に走行中送風したい時は限られています。

なのでサーモを外して

結局スイッチ直に付ける事にしましたww

スポンサーリンク

配線を外して付けなおす

まずは配線のやり直しです。

ファンから出ている配線をスイッチの片方に。

アクセサリーかバッテリーから取った電気をヒューズに通して

スイッチのもう片方に配線します。

SONY DSC

ファンのアースはボディアースします。

配線が減ったことでエンジン回りもすっきりしました(-ω-)/

SONY DSC

完成したら試しに走行

実際に走行中水を噴射するとどこまで冷えているのかわかりません。

今回は送風のみで走りました。

28度~30度の場合、吸気温が60度を超える事はありません。

この気温の場合、普段なら60度は軽く超えます。

そして、ファンを回して走った場合吸気温度の減少もすごく早いです。

これにはビックリするくらいです。

気温36度の場合。

流石にすぐ60度を超えましたww

ちなみにタービンを交換した105馬力の

インタークーラーも変えている車体で試しても

この気温だと直ぐに70度は超えます。

ですが温度減少も早く、

ファンがない状態ではこの夏走れないだろうと感じたくらいです。

もちろん冷たい水を噴射する事によってさらに温度減少が早くなり、

噴射するポイントをブレーキング中にして、

コーナー出口でなるべく冷えた空気をエンジンに

送ったりといった感じで

自分のいいタイミングで噴射しやすくなりました。

ですがこの辺がやはりノーマルインタークーラーの限界でしょうか…

もう一つ苦し紛れにこれもやりましたww

インタークーラーにつながるパイプを

少しでも冷やせるかと思い、RCモーター用部品ですww

SONY DSC

もちろん効果のほどは分かりませんww

でも一個200円しませんww

スポンサーリンク

-メンテナンス, s660日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

s660日記 ついに事故、保険は??

こんにちは、大塚です。 最近は新しいs660のカスタム商品も買えなかったので おとなしく練習ばかりしておりましたww そしてそんな僕の元に不幸が飛び込んできました… スポンサーリンク 練習の帰り…山付 …

ボディ補強。メリットの裏に隠れた意外と知らない事実…

こんにちは大塚です。 今回はボディ補強の話をさせていただきます。 ボディ補強事態のメリット ボディを補強する理由として考えられるのは基本的に車本体がロールすることを抑えるのでサスペンションが良く仕事を …

no image

s660 無限エアロ価格と交換例

こんにちは、大塚です。 今回は無限の出しているエアロ。 その中でもフロントフェンダーのご紹介です。 なぜフロントフェンダーなのかは後でご説明しますが、 その前に無限のエアロがどんなものがあるのか また …

s660水冷式インタークーラー検証中

こんにちは、大塚です。 前回水噴射の水が常温か氷水でどうなのか少しふれました。 先のブログでは書いていませんが、水を噴射することで水が気化します。 気化熱で熱を奪う結果冷えるというものです。 ですが気 …

S660だけでなくやっておきたい真夏のチューニング?暑さ対策

こんにちは、大塚です。 いや~暑い暑いって35度越えてますがな… 暑すぎてかないません… S660で全開したら吸気温大変な事になってるやろうなあ… なんせ35度ですよ… 全開で走ったら… 全開で… 全 …