メンテナンス s660日記

S660水冷式インタークーラーその4ウォータータンクを保冷バックに入れました。

投稿日:

こんにちは、大塚です。

今回は、水冷式インタークーラー自作と称して

作ったものをさらに効率を上げるために

ウォータータンクを保冷バックに入れたので、

工夫も含め、参考になればと載せました。

何度も分けてすみませんが、日々変わっているので

読んでいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

ただ保冷バックに入れるのは危ない

今回使用したウォータータンクは柔らかい袋タイプを使っていますので、

いい意味では場所を選ばず、

悪い意味では何かに固定しなくてはいけません。

固定しないと、タンクの水を入れる部分の空気穴から

水がこぼれだしてしまいます。

その結果、保冷バックの中で水とウォーターポンプの配線がショートなんてことも起こしかねません。

なので今まではシートの後ろのポケットにひっかけていました。

SONY DSC

と言う事で作ったのがこれ。

SONY DSC

これを保冷バックの中にウォータータンクと一緒に入れます。

作り方

アルミ板は1㎜か0.8㎜が軽くて強度的にもいいと思います。

私は0.8㎜を使いました。

まずはカットする部分を決めてカッターで何度もなぞって

傷を入れていきます。

SONY

写真はカットして曲げた後ですが、傷を入れたら

入れた反対側に折り曲げて行くとパキンと折れます。

傷を浅めに入れて曲げるだけは簡単に折れませんのでこうして曲げたものが

写真の物です。

この後、ステーの穴の位置にマーキングしてドリルで穴をあけます。

そこにステーを固定します。

SONY DSC

裏はこんな感じ

SONY DSC

これにウォータータンクを付けて

SONY DSC

保冷バックに入れたら完成です。

SONY DSC

写真は保冷材も一緒に入れて撮っておりますので

参考までに。

SONY DSC

シートを倒したらこんな感じです。

SONY DSC

余り違和感ないでしょ??ww

スポンサーリンク

完成に近づいていますが、まだ最終は保冷バックです

今回使用した保冷バックは、お持ち帰り用??の

ホームセンターに売っている164円の簡易的な保冷バックを使っていますので、

注文している保冷バックが届き次第写真はアップしておきます。

今回までにホースのレイアウトは写真に撮っていませんでしたので、

おまけで載せておきます。

SONY DSC

ここからエンジンルームに入ってきて

SONY DSC

ダクトの下を通して

SONY DSC

ここから入ってノズルが付いています。

お金がかからずに結構いい結果が出ますので是非やってみてください。

それではまた(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

-メンテナンス, s660日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

S660ノーマルインタークーラーの限界。

こんにちは、大塚です。 ここ最近やっとというか… あっついですね~(;’∀’) S660は熱に対して対策をしないとパワーなんかあっという間に なかったことになっちゃいますww …

s660日記 カーボンボンネット塗装

こんにちは、、大塚です。 今回はボンネットの塗装の日記になります。 塗装って悩みますよね… カーボンだったらカーボン目を出したいじゃないですか( *´艸`) ああじゃないこうじゃないって考えに考えてど …

s660の熱対策を考える。速さをどう求めるか。独り言

こんにちは、大塚です。 熱対策と言っても色々ありますが、 今日は外気について考えてみようと思います。 最近サイドダクトを付けているs660をよく見かけるようになりました。 それはs660のエンジンルー …

s660水冷式インタークーラー検証中

こんにちは、大塚です。 前回水噴射の水が常温か氷水でどうなのか少しふれました。 先のブログでは書いていませんが、水を噴射することで水が気化します。 気化熱で熱を奪う結果冷えるというものです。 ですが気 …

no image

サーモバンテージはどんな効果があるの?いまさら聞けない車の雑学

サーモバンテージの効果。メリットは?デメリットは? こんにちは、大塚です。 今回はマフラーに巻いている人がいる包帯みたいなサーモバンテージについてお話させていただきます。 サーモバンテージとは、セラミ …