メンテナンス その他お役立ち情報

S660誰でもできるフロントハブボルト交換の仕方。

投稿日:

こんにちは、大塚です。

今回はフロントのハブボルトの交換です。

S660はハブボルト交換の際、普通ベアリング交換もしないといけませんが、

そのままハブボルトを交換できなくはありません。

では、どのようにしてはめるのでしょうか??

順序よく行きましょう。

準備するものは工具と貫通式ホイールナットとロングハブボルトです。

スポンサーリンク

フロントのホイールナットを緩めてジャッキアップ

まず、フロントに馬足をかけたいので

ホイールナットを外す準備をしてジャッキアップします。

よくジャッキアップしてホイールナットを外そうとしてしまうので

ちゃんと緩めてから上げましたww

キャリパーを外す

キャリパーは純正と社外品で道具が違うので道具はご自分で確認してください。

確か純正はキャリパーを外す時キャリパーサポートと

キャリパーとの間のボルトが12番だったような気がします。

私のはウィルウッド製ですのでキャリパーは六角レンチで取り付けしています。

外したら何かの上に置いてブレーキホースに影響の内容にしておきます。

SONY DSC

ディスクを外す

キャリパーを何かにひっかけるか何かに支えておいて

今度はディスクを外していきます。

ディスクは+ドライバーで外すのですが、

これはドライバーで外すとネジ山が舐めてしまう恐れがあるので

出来ればインパクトドライバーを使ってください。

SONY DSC

価格も安いので失敗した時のリスクを考えたら絶対インパクトドライバー

を使う方がいいですね。

これです

スポンサーリンク

ハブボルトを外す。

ハブボルトはプラハンではなくてハンマーでたたきだすことをお勧めします

なぜなら、プラハンではなかなかハブボルトを取ることが出来ないからです。

使わないホイールナットを付けたらその上からたたき出してハブボルトを抜いていきます。

写真は取り付けた後に取ってしまったために取っている画像がなくてすみません^^;

キャリパーガードの一部をカットしてロングハブボルトを入れる

次にロングハブボルトを入れていきますが、ここでS660のフロント部分の取り付けが難しい要因がキャリパーガードです。

これが邪魔しているので一部分カットします。

SONY DSC

更に、ロングハブボルトを入れれるのは

キャリパーガードをカットした部分からしか入りません。

ここです

 

実際無理やり入れてもいいのですが、ネジ山がつぶれてしまう恐れがありますので、

なるべく手で出来るだけ入れ込んでください。

私の場合手で入れることが出来ましたのですが、無理やり入れてしまう人は多いくらい入りにくいのは確かです。

ロングハブボルトを内側から叩き入れる

今度は、先ほどロングハブボルトを入れた場所から外側に向かってロングハブボルトをたたき出していきます。

作業がしにくいので頑張ってください。

ここをたたき出します

ここで注意しなくてはいけない事があります。

ロングハブボルトのたたき出しが不十分だと、

ホイルを付けてホイールナットをさらに占めていく作業でもしロングハブボルトが抜けてしまうとめんどくさい事になります。

ですので出来る限りこの場所でたたき出してください。

ホールをはめてしっかりとホイールナットを締めてハブボルトを付け根まで来るように締め付ける。

この作業で重要なのは、ハブボルトがしっかりと付け根まで入るようにすることです。

貫通式ホイールナットは奥の方まで入ってくれませのでしっかりと締めましょう。

作業に集中していて画像がなくてすみません^^;

実際一度乗ったら締めましをします。

それくらいやらないと危ないです。

当り前ですが、私の場合もう一度ホイルを外して最後に入っているかの確認までやります。

これでフロントもハブボルトを交換することが出来、無駄にベアリングなどを交換して出費が増える事もなくなりました。

タイヤもツライチになり、コーナリングでの初期反応も良くなりましたよ( *´艸`)

それではまた(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

-メンテナンス, その他お役立ち情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

空力改善。ボルテックスジェネレーターの効果と取り付ける場所。

こんにちは、大塚です。 今日はボルテックスジェネレーターについてお話していこうと思います。 皆さん、ボルテックスジェネレーターはご存知ですか?? 空力を考える時に思い浮かぶ効果と言えば冷却とダウンフォ …

水冷式インタークーラーその2 噴射方法と冷却効果を高める方法

こんにちは、大塚です。 水冷式インタークーラーを自作してさらに効果を高める工夫をしました。 参考になると思いますので、是非読んで見てください。 水冷式インタークーラー自作の進化 今回は前回ご紹介したス …

s660に付けたいクスコ製強化ピッチングストッパーとは??なぜ??

こんにちは、大塚です。 またまた久しぶりになって申し訳ありません(-_-;) 実はあるパーツを作るためにいろいろと勉強していました… s660にずっとつけたかったのですが売っていなくて… そこで作って …

S660のチューニングで失敗しない為のカスタムの順番や理由

こんにちは大塚です。 今回はここで一度私のお勧めするチューニング方法をご紹介いたします。 チューニングはあれやこれや闇雲にやっても意味がないこともありますし、お金がいくらあっても足らなくなってしまいま …

S660だけでなくやっておきたい真夏のチューニング?暑さ対策

こんにちは、大塚です。 いや~暑い暑いって35度越えてますがな… 暑すぎてかないません… S660で全開したら吸気温大変な事になってるやろうなあ… なんせ35度ですよ… 全開で走ったら… 全開で… 全 …